teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ホームページ移動しました

 投稿者:よしぴ~  投稿日:2012年 3月11日(日)15時44分25秒
  久々に書き込んでみます。

諸事情により引っ越ししました。
まぁどれだけの人が見てるか謎だけど…

http://www.oct-net.ne.jp/~takashiy/

 
 

またかよ・・・。

 投稿者:タカ  投稿日:2009年12月20日(日)00時51分23秒
  出会いはいつもときめくもの。

打ち解けるのに比較的時間を要しないところは時々人から指摘される。
いつだって相手には丁寧に、その瞬間瞬間をただ楽しく過ごす事を思うだけだ。

少しそのスパンを広げてみれば、いつの間にか疎遠になった友人たちの顔も浮かぶ。
もちろんその時々を楽しく過ごせたという記憶が救いである。そしてその友人たちもそれぞれに何か楽しい事を見つけて夢中になっていることだろう。

『ウェルカム!』、そう言って迎えた新しい面々のすべてが前向きな人たちばかりではないことは貧疎な経験や豊富な助言からも思い知らされるばかり。
それでも・・・もしかしたらより深い感動をもたらす出会いなのではないかとワクワクする気持ちには飽きることがない。

同じため息は二度つくものではないのだ。
死ぬまで変わりつづける容貌のように、感性も不変ではない。

変われないのを年齢や人生のせいにするのは哀しすぎるではないか。
過去という事実や記憶の分岐点に立ち戻るのは決して悪いことではない。
思い出を大切に出来ないままの人間に未来の思い出を持つ資格などない。
確かに選ばなかったあの道をもう一度歩みだすことはそれなりの勇気がいることだろう。
だからといってこのまますさんだ道を独りトボトボ歩くのも味気ないだろう。ずーっとそんな思いに痛いほど打ちのめされて来たのではないのか?

輝いている人たちの傍にただ居るだけではダメなんだ。自分の後ろに深い闇の陰が広がっていくだろう?いつまで暗闇でいじけて泣いているんだい?

相手のために笑え。
相手のために戦え。
相手のために泣け。
相手のために怒れ。
相手のために生きろ。

喜びと快楽を混同してはいけないんだ。
もう「消えろ」と告げる側の辛さを知る時だ。
 

だれもみちゃいねえ

 投稿者:タカ  投稿日:2008年12月30日(火)02時29分14秒
  形骸化したものはすべてが悪いわけではない。
継承と変化というプロセスの中で必ず起こりうるものだ。
人類は土に埋もれた亡骸から鹿を追い野を駆け回ったいにしえの時代をありありと思い浮かべることが出来る。

何十年も前の記録に過ぎない録音でさえ、触れたとたんに心に響き渡る瞬間を感じたことは誰にでもあるだろう。それは世代とか時間とかわずらわしいそのすべてを超越して通じる何かなのだと思う。音楽を愛でることに少しでもかかわっているのなら理屈を超えたその感性を磨くことだ。当時の世相や知識なんかは後からやってくる。ただ大切にすること。感性から見えてくる世界は眼で見て肌で感じた時代をはるかに凌駕する。

形には意味がある。

そのことをないがしろにさえしなければ、我々は時代を超えて一つになれる。

大きな悲しみはすぐそこまでやってきている。

それでも僕らは生きている。
 

過去を悔やむ必要はない

 投稿者:タカメール  投稿日:2008年 7月16日(水)21時57分46秒
  過ぎてしまった事はどうにもならないと思いがちですが、実は過去ほど自由な解釈のできるものは無いです。
知らない過去はお互いにとってこれからの生活の上での発見という未来です。
未来の暇つぶしのためのネタの宝庫だとおもえばこれまたたのしい。

過去の自分にツッコミいれるときは決まって笑顔ですからね。

思い返してみればあんなことやこんなことが・・・(耳心
 

きょうはひっそりと。

 投稿者:タカメール  投稿日:2008年 6月21日(土)23時59分45秒
  あちこちでライブがあるんだけど今夜はひっそりとしておこうかな。

・・・たんにうたたねしてて起きたら10時過ぎてただけだけど・・・。
 

構想4ヶ月製作?年

 投稿者:タカメール  投稿日:2008年 6月16日(月)01時02分32秒
  とりあえずやっと木材どもに電動工具が炸裂しました。

図面をひいて脳内でのシミュレーションを繰り返した挙句にです。

製品を作るのなら考えるべきところも多いのですが、作品を作ると考えれば凝りまくることが出来ますけどね。

まあ、失敗に『懲り』ないところがミソかもしれません。
 

なきゃ作るのみ!

 投稿者:タカメール  投稿日:2008年 4月27日(日)23時12分11秒
  その一心であれこれやってやってますが、ハーモニカ・ピアニカ・アコーデオンと転がしてみてたどり着いた結論として「リード楽器こそ理想!(一時的)」ということになりました。

複数のリードの響きはなんとも言いがたいほどの美しさです。

ということで複数のピアニカを分解してみたりして・・・。
 

ふう

 投稿者:タカ  投稿日:2008年 4月14日(月)10時56分50秒
  もやーんとしていた気分のうっとうしさがどういうわけかどっかいってしまいました。
特に理由もないし、『何か反論するには鋭すぎてやり場の無さに困り果ててる感じ』というか、空回りチックでちょっと元気が無かったのですが、ある人のカキコミ(たぶん本人はそんな気はないってところがミソなんだけれども)をほじくり返すように読んでいたら、なーんとなく元気復活。
人と違うことをやんなきゃって意気込んでもいいけど、なんにしても僕のやろうとしてることは結局果ては他人と違うってことです。
誰がなんと言おうとやりたいことをやらなきゃつまらんのです。
結果がすべてとか誇らしげにいってみたいものでもあるけれど、そんなにデキた人間でもないしね~。
 

挑戦してるといえば聞こえは良いのだけど

 投稿者:タカメール  投稿日:2008年 4月 9日(水)21時15分50秒
  縁あってコンサーティーナという楽器を入手しました。

イングリッシュコンサーティーナというタイプでバレーボールくらいのサイズで六角形のジャバラ楽器です。

48ボタンが左右に配置されていて音階がちょっとかわった配置になっています。
ちょっとかわってるというのがミソでなんとなーくつかみかけてきましたが、半音階になじむのにはもう少しかかりそうです(いつのことなんだか?)。

アコーデオンもコンサーティーナもそうだけど、楽器が静かに呼吸しているように思えてきます。

鍵盤には慣れないなーとおもっていたのですが、どうやらボタンであっても同様のようです(泣
 

コンサーティーナ

 投稿者:タカ  投稿日:2008年 4月 2日(水)15時34分27秒
  コンサーティーナという楽器があります。
六角形でジャバラがついてて、まあアコーデオンの仲間みたいなやつです。

今まではイタリア製が有名だったのですが、中国に生産拠点を移したドイツのブランド・ホーナーがそれまでの半額くらいのものを発売したのです。

イタリア製が10万くらいしてたのに、ホーナーは5万程度です。
もともと気軽な玩具に近い感覚の楽器なわけで、やがてホーナーのモデルに席巻されることでしょう。

ほしいんだけど、おもちゃというには高価すぎだわなー。
 

イキオイだけで

 投稿者:タカメール  投稿日:2008年 3月31日(月)00時49分26秒
編集済
  今度のライブでは3曲が課題曲となりました。
まあ、何の曲でもいいんだけど(どうせ練習したこと全て忘れてイキオイだけでやってしまうから)。。。
知ってる曲なら何とか・・・ね。

というわけで、また広く告知するわけでもなく勝手気ままにライブに参加します。ワハー
4月19日緒方ドラムカフェです。
 

またこうたー!

 投稿者:タカメール  投稿日:2008年 3月17日(月)22時08分1秒
  今度は複音ハーモニカだ!
もうね、ノスタルジックプンプンです!
 

すんません…

 投稿者:サガ丼。  投稿日:2008年 2月26日(火)17時25分21秒
  凄い久しぶりに見に来ました(笑)実際には横隔膜のうんぬんかんぬんでいまいち感覚がわかりません…  

アコーデオンの修理

 投稿者:タカ  投稿日:2008年 2月21日(木)10時51分18秒
  シロートで出来るレベルの修理とプロに依頼したほうが良い修理とその見極めというのは結構あいまいなままのような気がするのである。

個人的には、たいていのことは自分でやろうと思うのだが、どうしたって設備の関係でできないものもあるし、また当然技術的問題も大きい。・・・好奇心の前ではたいした障害ではないかもしれないが。

また、楽器屋店頭に持ち込んでも、結局は外注となって不要にマージンだけを取られているという事実を知っているだけにムダにもったいないことをしているイメージもぬぐえない。

とあるひとは、「楽器屋が外注するその専門店に直接頼めばはるかに安価で出来るだろう」と言う。

それも一理あるのだけれど、それでは現状の「専門店ってどこよ!?」の実情のよくわからない状態に飛び込む博打だし、そもそも日本代理店のショップなのでそうそう評判を下げるようなことも無いでしょう。

代理店として今後も日本にきちんと存在していてほしいとの願いもこめて今回は頼んだというわけです。

痛い出費だなぁ。。。
 

腹式呼吸

 投稿者:タカメール  投稿日:2008年 2月 5日(火)18時42分44秒
  厳密には呼吸自体に種類があるわけではないのではないかと思う。

一定の強さで長時間キープできればいいんではないだろうか。

くしゃみをするときは完全に腹筋のパワー爆発なので、腹式が出来ないってわけじゃないとおもうよ?

あれ?そもそもなんで腹式とか言い出したんだっけな?

さが丼?
 

刑事

 投稿者:タカメール  投稿日:2008年 1月 9日(水)22時52分42秒
編集済
  ・・・またナゾな言葉が。

アコーデオンはとてもいい音です。

右手(鍵盤側)はなんとなくピアニカ風に弾きゃいいのですが、左手のベースボタンといわれる部分がもうなんとなくでは音が出ないのです。どれ押してるのか自分からも見えないし、適当に押したらおもった音でないし(アタリマエです)、こりゃもう困ったなー、なのです。
そもそも、左手側をフーコフーコして音を出すわけですから、音量コントロールのカギなわけで、ボタンどころではないのです。

軽いセッションでいいかげんに弾けるくらいにはなろうとおもいます。ええ。

自宅だと音が『デカ』すぎて弾けないのが辛いですな。
 

必殺技は

 投稿者:タカメール  投稿日:2008年 1月 8日(火)00時41分36秒
  ・・・何故か投稿欄の検索マドにはこんな言葉が。

あけましておめでとうございます。
ほそぼそと続けておりますこのBBS。
今まで以上にディープな思考にはまっていきたいものです。

今後ともヨロ。
 

みんなヘイキなのかな?

 投稿者:タカメール  投稿日:2007年12月16日(日)23時35分44秒
  最近ライブハウスにいくと再入場のためか手にスタンプを押すことがあります。
みんなフツーにハイって手を差し出してるけど、僕はアレがとても嫌です。

チケットの半券があれば識別可能なのだし、安易にスタンプ押すという行為が許されるわけが無いのです。
帰り際にコールドクリーム(メイク落しとか)が用意されているわけでもなく、そもそも中のトイレで洗い流した日には押す意味すらなくなる。

最近はスタンプ拒否するようにしてます。
そもそもチケットの半券はただの思い出の品ではないのですからね。
 

なんだかほっとしますな

 投稿者:タカメール  投稿日:2007年10月22日(月)00時42分20秒
  僕がいろんなバンドを追っかけて遠いところまで出かけたりするのはよく知られてるのですが、先日いいバンドがあるからいっしょに行かない?って誘った得意先の人が「23日はトリニータなんですよ」っていうから最初何のことかわからなくて「そっか・・・、じゃあまた別のときにするべかー」って会話をしたのです。
後で知ったことですが、23日は熊本でトリニータのアウェーゲームだったんですね。
その人は熊本まで応援に行ったってわけですね。

考えてみたら僕もばぎーずの熊本遠征に馬刺しにつられて行ってみたりするわけで、おんなじようなものなんだなーとなんだかほのぼのしてしまったわけです。まあ独りモンの特権みたいなものですからこれからもずっと同じようなことができるかどうかはわかりませんけどね。・・・わかりませんから!!!!

土曜日は別府公園の農業祭、今日は津久見の野外ライブとのどかなイベントを楽しんできました。

見知った顔とどんどんいろんなことを互いに交わしてより深く知って行く事はなんとも言えぬ楽しみです。
僕だけのドキュメンタリー映画が出来ていくみたいなね。

さて、明日からまた仕事がんばりますかね!
 

ゲホゲホ

 投稿者:タカ  投稿日:2007年10月16日(火)00時15分44秒
  5月にやらかした気管支炎をまたもこじらせました。
前回はピアニカが吹けなくてひどいなぁってことになってたのですが、今回はウクレレなので問題なし。
・・・とおもってたらチューニングが出来ない・・・。

スナオに休むのがよさそうだ。ガク。
 

レンタル掲示板
/21