teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Photograph

 投稿者:Chika  投稿日:2019年 4月 7日(日)22時33分3秒
  皆さま、お元気ですか。
DDが消えてなくなる前に、ちゃんとBBSに
ブックマークしていただけましたか?

今日はリンゴ・スターのコンサートに
行ってきました。リンゴのコンサートとはいえ、
まるでロックフェス行ってきたような印象です。

リンゴがステージに現れた時、湯川れい子さんが
「ビートルズ4人を前にして一緒に2ショット
写真を撮りたいのはリンゴと言った(言って
しまった)」エピソードをまた思い出しました。
リンゴかわいい。
ほんわかとしてあたたかい雰囲気。

BoysやYou Are Sixteenのカバーは最上級の
胸きゅんもので、Yellow Submarineでは黄色い
ペンライトたちが揺れていて、Act Naturallyは
まるでカントリーミュージックファンが
大勢いるかのように錯覚。
With A Little Help From My Friendsは
♪Do you need anybody♪以下の、会場全体と
リンゴの質疑応答大合唱がなんとも愛しい
時間でした。
各メンバーコーナーも全部よかった。
AWBの曲特にかっこいい。Hamish Stuart??
 
 

Red & Blue

 投稿者:Chika@Donut Dreams管理人  投稿日:2019年 3月31日(日)22時18分39秒
  読まなければいけない英語の本を横に置いておいて
最近出たブライアン・ウィルソン本を読み始めました。
ブライアンの頭の中を覗いている感じで、
ふわふわとした不思議な気分になります。

>ricaちゃん
ブランディンでのDJは、もう顔がひきつりまくりの
緊張で、昔ricaちゃんと無謀なイベントを自ら
やっていたことが本当にうそみたいです。
かけるより、聞いてる方が全然いいね。

DDの最後まで優しい書き込みをありがとう!
この20年以上の間にはいろいろあったけど、
ルラルの東京での最初のライヴのお知らせから
ここに載せることが出来たのは、うれしかったです。
ルラルは本当に最高のバンド!!

いつか微笑み返し出来るよう頑張るね。
でもその前にまた昔のように便箋5枚とか10枚とか
そんな手紙で個人的にレポートするかもしれないから
そちらもよろしくお願いします!

http://www.geocities.co.jp/MusicStar/3063/index.html

 

微笑がえし

 投稿者:rica  投稿日:2019年 3月30日(土)23時44分27秒
  ブランディンでのDJはどうだったかしら?
ルーラルな地方に住む私にはいくことができないイベントやライブがあったときには、ここにきてレポ読むのを楽しみにしていたので、ここがなくなってしまうのは本当に寂しいです。

どうか、どうか、また新たな場所にお引越ししてくれることを切に願います。
その際は、引越し祝いもおくりますので、お祝い返しは微笑みにしてとどけてね!
そのときまで。またね!!
 

Dear Mr. DJ Play It Again

 投稿者:Chika@Donut Dreams管理人  投稿日:2019年 3月20日(水)08時41分39秒
編集済
  3月30日のブランディンで3曲だけシングル盤を
選曲してよろしいということでご連絡いただきました。
3曲!  3秒で選べそうで、全然出来ない(笑)。

もともとシングル盤は持っている枚数が少ないですし
かける理由やエピソードもあった方が良さそうだし
「これはあの人からもらった盤だから、我が物顏で
かけるのはよくないのではないか」とか、「これは
以前、ブランディンでオールディーズのDJを
やらせてもらった時にかけたかもしれない」とか考えて
ああでもない、こうでもない、と小さなレコード箱を
ひっくり返しています。
でも、前回私が何をかけたかなんて、自分でも
ちゃんと覚えてないのに、聞いている人は余計に
覚えてないですよね。
それ以前にお客さん少なかったし…(笑)。

>Shinjig!様
ジョニー・ティロットソン、デル・シャノン、
レスリー・ゴアなんて夢のまた夢ですね。
しかし1969年の JTの話題は休憩時間終わりの
雑談的なもので、解決しないまま進んでしまいましたので
Shinjig!さんがイベントにいらしていたら「Tears
On My Pillow!  Jimmy Bowen!」と叫べたのに
惜しかったですね(笑)。
私の手帳には書き加えておきたいと思います。
あのイベントレポを最後までお読みくださった方は
少ないと思いますが、Shinjig!さんいつもDDを
あたたかくお見守り下さりありがとうございました。
DD終わった後、時間ができたら、mixi遡ってバス歌を
拾い集めようかな?
突然足あと付いてても気にしないでください(笑)。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar/3063/index.html

 

1969年のJT

 投稿者:Shinjig!  投稿日:2019年 3月18日(月)05時33分34秒
編集済
  出張ブランディンリポ拝読。ジョニー・ティロットソンはライブをみたことのある数少ないオールディーズ・アーティスト(Dシャノン&Lゴアとのパッケージ)・・・なんてことはおいといて。実はかなり昔、本家ブランディンの素人DJ大会でジョニーのLP「Tears On My Pillow」(1978年、高校1年のとき地元の玉屋デパートのカット盤バーゲンで購入。購入した理由は「安かったから」w)からの曲をかけたことがあったんだけど(きっかけはジミー・ボウエン)、このアルバムのリリースされたのが1969年なんだよね、偶然にも。ブログ、お名残り惜しいですけど最後まで楽しみにお待ちしています。  

今日はなんだか

 投稿者:Chika@Donut Dreams管理人  投稿日:2019年 3月 5日(火)07時49分48秒
  ミラクルです。
なんと1日に2つの書き込みが…!
まるで武道館をソールドアウトさせたばかりの
ミュージシャンのようなドヤ顔で私が街を歩いて
いることに誰か気づいた人はいるでしょうか(笑)。
更新して、書き込みがあるというのは幸せなことです。
本当にありがとうございます。

>Shinjig!様
ありがとうございます!
その「ひいたれ」という言葉、私にもください。
えとせとらに図々しく通っていた頃は違ったかも
しれませんが、年々度胸はなくなり、今はかなりの
「ひいたれ」です。
ぐっと背中を後押ししてくれるような心の目標があれば
別なのですが…(ルラルを売り込むとか(笑))。
ボーダーズ(2/9の日記で登場)を解散した暁には
ザ・ひいたれズを結成して、テーマソングは
内気なジョニーあたりで…宜しくお願いします。

>町屋のガリバルディ様
初めまして!
以前から見てくださっていたなんて、びっくりして
うれしくて、何度も読んでしまいました。
書き込んでくださるきっかけとなったファントム、
行って本当によかった!と主人と話しました。

高瀬さん水上さんのイベントの時も、
木崎さん長門さんのイベントの時も来ていただいて、
更にこちらの日記まで…。ありがとうございます。
お優しい雰囲気のお2人がいらしてくださったこと、
もちろん記憶しております。

Mr. Sandmanはズルをして、石川さんの魔法の
マシン(蓄音機)をお借りしてしまいました。
私の選曲は褒められた試しがありませんが、
かけた曲を覚えていただいているなんて…感激です。

高瀬さんのブログ、また読みたいですね。
私も再開を願っております。
高瀬さんと知り合ったのもこのページがきっかけ
でしたが、検索してここに辿り着いてくださる方々とは、
きっとここがなくてもどこかでお会い出来る運命
だったのではないかと思っております。

アゲインでの木崎さん長門さんのイベントの時は、
木崎さんはもっと皆さんと交流されたかったご様子で、
後からお書きいただいたアンケートを大事に
読まれていました。

お2人にまたお目にかかれたら、是非いろいろなお話
伺いたいです。その時を楽しみにしています。

ということで珍しく、今日の書き込みタイトルは
Sugar Babeにしてみました。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar/3063/index.html

 

町屋へようこそ

 投稿者:町屋のガリバルディ  投稿日:2019年 3月 4日(月)17時22分42秒
編集済
    初めまして。町屋のガリバルディと申します。町屋のファントムにお越し頂いたんですね。ありがとうございます(私の店じゃないですがw)。店主は「純粋にエルビスが好き!」という方で、変にマニアックなところが無い素敵な店です。
   チカさんのブログは数年前から拝見していましたが、実はアゲインで開かれた高瀬さんと水上さんのイベントでお見かけしたのが最初かと思います。SPで"Mr.Sandman"をかけてイベントを全部「かっさらって行った」のを見て、後日 森さんに「すごいお嬢さんがいますね!」とお話ししたものでした。
    そしてある日、ネットで『蓄音器』関係を検索中、ご主人と土手でSPレコードを聴く話を読み、ホノボノとしたブログだなぁと読者になったのです。その時点では「あのお嬢さん」=「ブログ投稿者」とは思っていなかったので、後で少なからず驚きました。
   お世話になったのは、木崎さんと長門さんのイベント。あの時はお疲れ様でした。本当に素敵なイベントでした(森さんと一緒にいるのが私達夫婦です)。ありがとうございました。
    こちらのブログは一旦終了との事。残念ですが再開の時は お知らせください。楽しみにしているブログが読めなくなるのは寂しい物なので…(高瀬さんも再開してくれないかな)。長々と失礼しました。こちらもホノボノとラストまで読ませて頂きます。では。
 

ひいたれ

 投稿者:Shinjig!  投稿日:2019年 3月 4日(月)06時42分34秒
編集済
  オレはご主人様とは違ってビビってしまい(そういう人を佐賀弁?で「ひいたれ」といいます)お店の人に声をかけられないなぁ。いい旦那様に出会われましたね。それから、なにしろ名うての「ひいたれ」なもんで、とてもえとせとらのバイトにはなれないなぁw 貴重な経験の数々、どうもありがとう。こういうの書けるのきっと貴女だけのはず。ここで書ききれない感想はまた別途。  

A Change Is Gonna Come

 投稿者:Chika@Donut Dreams管理人  投稿日:2019年 2月 5日(火)23時49分22秒
  古い洋楽ファンではないDD読者の皆様
いつも意味不明な日記を見に来てくださり
ありがとうございます。

私も最初は全部意味不明だったのですが、
ボソボソと話しているL⇔Rのラジオを聴くうちに
私も彼らと一緒に笑ったりしたいと思って
ひとつずつ覚えることにしたのです。

でも覚えるほどに果てしなく広がる世界は手に負えず。
嵐の中、大海原に放り出されている気分です。

矢口清治さんのMusic Freewayをradikoで聴きながら
書いています。Paul McCartney & Wings特集です。

>通りすがりさん
レス遅くなり失礼致しました。
そうなんです。分かりますか?!
かなり理解があるんです。
でも最近は中古CD屋さんや小さなライヴハウスに行く
楽しみも見つけてくれたので、そのうち逆転して
私が理解あると言われるようになる日が来るかも
しれません(笑)。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar/3063/index.html

 

ふと

 投稿者:通りすがり  投稿日:2019年 2月 2日(土)16時50分10秒
  思ったのですが、ご結婚されてもレコード屋さんに行けるところを見ると、旦那様のご理解がかなりあるんでしょうね。すごいな、その方は!

私は音楽にほとんど関心がなく、洋楽も聞くわけではないためか?、英語がサッパリです。それこそ、どうしたら英語が上達するのやら?? 欧米とのカンファレンスコールが、今の課題です…涙。
 

レンタル掲示板
/4