teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:11/126 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2014年のドラマベスト10

 投稿者:市村  投稿日:2015年 5月15日(金)13時03分58秒
  通報
  ★早速、投票させていただきます。今年も申しておきますが、ページ作者さんのご苦労を考えて、せめて締め切りは守りましょう(笑)。2014年度、ほぼ抜けなく最後まで見た連続ドラマは42作、初回のみの視聴や途中離脱した作品は64作、単発ドラマは88作を見ました。

【連続ドラマ】
1位 CX『続・最後から二番目の恋』
…パート1より出来はやや劣るかもしれませんが、これはもう好みの問題で(笑)。

2位 NHK『55歳からのハローライフ』
…火野正平さん出演の回が“恐ろしい”話でした。

3位 NHK『さよなら私』
…単なる“魂入れ替わり作品”ではなく、決して“SFもの”でもなく、なかなか興味深い展開となっていました。

4位 NHK『ボーダーライン』
…これまでの藤原紀香さんの関西弁によるドラマは全てインチキ(笑)、これが“ほんまもん”でしょう。

5位 TBS『深夜食堂(3)』
…パート1やパート2よりはやや劣るという感じでしたが、美味しいものは美味しい(笑)。

6位 NHK『ごちそうさん』
…珍しく2013年度でも選び、2014年度でも選ぶことになりました。

7位 NHK『銀二貫』
…舞台が大阪だということもあってか、よく出来た“人情もの”でした。

8位 NHK『ハードナッツ!~』 ※2013年度作品とするなら以下の作品を繰り上げ
…橋本愛さんの可愛さに尽きます(笑)。

9位 TNC『めんたいぴりり/第2部』 ※2013年度作品とするなら以下の作品を繰り上げ
…明るく楽しい作品で、これをNHKの朝の連続テレビ小説にしてもらってもイイくらいでした(笑)。

10位 TBS『MOZU~』
…真犯人を被害者の霊に教えてもらうなんていうリアリティのない“とんでも”刑事ドラマ、EX『BORDER』に数字的に負けるなんて有り得ないと思うのです…(笑)。

…次点は、順にNHK『サイレント・プア』、KBS京都、他『幼獣マメシバ 望郷篇』、NHK『紙の月』、TBS『夜のせんせい』など。

【単発ドラマ】
1位 NHK『かたりべさん』
…見終わった瞬間に、ほぼ2014年度の単発ドラマNo.1だと思った作品です。

2位 ETV『悪夢』
…まさにちょっと熱っぽい時に見る悪夢のような作品でしたよ(笑)。

3位 KTV関西テレビ『狩猟雪姫』
…タイトルが読みにくいですし、いろいろなものにノッかっている感じもしますが(笑)、作品そのものは“生命”というものを考えさせてくれるイイ作品でした。

4位 NHK『途中下車』
…パニック障害に陥った主人公が妻や息子、周りの人たちのおかげで“無理をしなくなる”物語。

5位 TBS『月に行く舟』
…岐阜県のロケーションと和久井映見さんの雰囲気が抜群ですよ(笑)。

6位 NHKBS2『さぬきうどん融資課』

7位 NHK『ナイフの行方』
…昔に比べれば、そのナイフの刃先もかなり優しくなって来た山田太一作品…だから私も見ることが出来るようになって来ました(笑)。

8位 NHK『希望の花』
…NHKのドラマにしては、やけに画面の明るい作品でした(笑)。

9位 NHK大阪『花園オールドボーイ』

10位 NHK名古屋『喜劇 娘が嫁ぐ日』
…73分の生放送ドラマ。高柳明音(SKE48)さんその他、出演者やスタッフの皆さん、頑張りました。

…次点は、順にEX『TRICK 新作スペシャル3』、NHK『足尾から来た女』、NHK『生きたい たすけたい』…など。

【主演女優賞】
米倉涼子(『EX『ドクターX~外科医・大門未知子~(3)』)
…やはりCX『続・最後から二番目の恋』の小泉今日子さんと迷ったのですが。

【主演男優賞】
中井貴一(CX『続・最後から二番目の恋』)
…ある意味、主演男優賞っぽいのは、CX『HERO~』での木村拓哉くんかもしれませんね。

【助演女優賞】
吉田羊(CX『HERO~』)
…かなり知名度が上がったのでは?。NHK『マッサン』での可愛いイジメ役の相武紗季さんも大評価。

【助演男優賞】
吉田鋼太郎(TBS『MOZU~』、NHK『花子とアン』、NTV『トクボウ~』)
…TBS『MOZU~』での商店街のアーケードを突き破って地面に落ちてもケガをしない悪玉が凄すぎます(笑)。

【新人女優賞】
シャーロット・ケイト・フォックス(NHK『マッサン』)
…こんな東の果ての国にやって来る勇気を賞讃して、これはもう進呈するしかないと思いますね(笑)。次点は、お気に入りの吉本実憂さん(NTV『獣医さん、事件ですよ』)。

【新人男優賞】
杉若恵亮(KBS京都『ショート・ショウ』第5話“呪い師”)
…誠に申しわけないですが、どなたもご存知ないはずの私の友人の坊さまに進呈!(笑)。もちろん坊さまの役でした。

【脚本賞】
岡田惠和(CX『続・最後から二番目の恋』、NHK『さよなら私』)
…しかもNHK『さよなら私』をより評価して。

【演出賞】
宮本理江子、他(CX『続・最後から二番目の恋』)
…今どき省略されてしまうことが多いらしいリハーサルが入念に行なわれているらしいという点を評価して(笑)。

【企画賞】
CX『若者たち2014』
…今どき、大真面目にこの作品を引っ張り出して来るあたり、ご立派と言えばご立派。

【主題歌賞】
“ラストシーン”/JUJU(NHK『聖女』)
…物語の余韻とともにエンディングクレジットに流れる映画的な雰囲気が抜群でした。

【タイトルバック賞】
NHK『ロング・グッドバイ』
…タイトルバックは良かったんですよねー、タイトルバックは…(笑)。

【名セリフ賞】
「“愛”を美化するのは、もうやめませんかね?」(NHK『聖女』第4話)
…岸部一徳さん扮する弁護士が一言。「“愛こそ全て”とか“愛は何々を救う”とか、最近じゃとかく愛を崇高なもののように捉えがちですが、そもそも愛は欲望の一種です、執着の始まりです。響きは綺麗ですが、非常に曖昧で危険なものです」…と続きます。

【ワーストドラマ賞】
NTV『明日、ママがいない』
…問答無用だ!(爆)。
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/126 《前のページ | 次のページ》
/126