teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 元日野市市民アンチ 新撰組介護福祉士(1)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


人生百年のワクワクシフト

 投稿者:(メール転載「ピンコロ体操教室」主宰 TK生)  投稿日:2021年 2月19日(金)22時35分9秒
編集済
  <注:TK生とは神津の心房細動手術完治後に、ガン家系でない君も百年組入りだと励ましてくれた宇和島在住の88歳の大先輩です>


 最近は「人生百年」とか景気の良いことをいって、色々な人生ステージを楽しむ「ライフ・シフト」などの言葉が流行しているようです。しかし、専門性の変更は、そう簡単ではありません。専門外の世界に首を突っ込むのは、実際たいへんです。よほどのモティヴェーションと体力がなければ、無理でしょう。
 六十歳で早発性(人生百年としてですよ)耳ツンボになった私が、医学からシフトしたのは歴史学です。それも地域地方史?というかなり怪しげなジャンルです。
 さて、わが家のご先祖様たちは、どうやら、石器時代からこの四国山系にお世話になってきたようで、夏は上黒岩遺跡あたりで熊や猪や猿を追い山でしたが、かく言う私も77歳まではオリンピック・タイプのトライアスロンに出ていました。今もって徒歩圏内の山坂のジョギングが大好きなのです。計画的に車運転免許は返上し、自然車も止め、タクシーには乗らず、市内移動はもっぱら徒歩です。
 古い時代のご先祖様が、どんな言葉を操っていたか。通説的には、「ピンピン」「コロコロ」「ノルかソルカ~これはタガロク語由来との珍説あり」などなどいわゆるオーストロネシア語由来の語彙 がその基盤で、令和の現在まだ日本語として生きているのが、おもしろい。まさに語彙は化石です。
 しかし、東大名誉教授の言語学の大権威のご意見も勘考してみれば、現代日本語は、せいぜい今からたった二千年ほど前、つまり古墳時代の初めの頃に、吉野ヶ里あたりでしやべ喋くられていたウラル・アルタイ系の文法が、「ピンコロ」などの南洋語彙に重層してできた初期日本語に起源があるとしか言えないそうです。
 歴史家にシフトした元サイエンティストにとっては、いささかツマラン話です。まあ、この程度でしょうね、人文科学は。DNAの生物学にくらべれば、のれんに腕押しの感じが避けられません。歴史文献になりますと、もっと事態は悲惨です。
 言語は伝承されますが、歴史文書は伝わるとはかぎりません。南予文化発祥の地卯之町松葉城西園寺氏、大洲地蔵が岳城宇都宮氏、そしてわが板島(大三島神社の系図では「伊但馬」)亀ヶ渕城薬師神氏などの信頼できる文献が、どれほど残っているのか。石造物、城郭、墳墓、副葬品は考古学であっても血のかよった歴史とは云いにくい。
 戦後一時期、共産党系の地方史家たちは、宇和で隆盛の宇都宮氏は、田舎豪族の僭称であると断言していましたが、宇和の赤ひげ先生を知る私はその説に大いなる違和感を憶えていました。文献が散逸すれば、歴史は消滅するという原理に言及していないからです。

 ところが、宇和島には江戸時代とそれ以後ならたっぷり、ありすぎるほど文献がありました。これなら、なんとか「シフト」できそうだ、と思いました。四半世紀ちかくまえの話です。公益財団法人宇和島伊達文化保存会の文書を調べさせていただくご許可をえてから、その膨大な史料群の海におぼれないように、賢明にも!?私は的を伊達宗城公一本に絞ったのでした。
 以来、苦節二十有余年。やっと、私の最初の「勘」が、セカンド・シフトで、「当たり」になろうとしているのです。九十になんなんとするじじ爺くれの十年ほど前にたてた作業仮説が、ほとんど狭い業界で証明されそうになってきたのです。まだ百歳には少々間があるものの、残念ながら私にとっては最後のワクワクとなるのでしょうが。
 宇和島藩の歴史を開拓した恩人は三人いらっしゃいます。
 最初の学問的開拓者の兵頭賢一翁、それに劣らぬ力仕事をされた戦後の三好昌文先生。それにあまり知られていませんが、末広鉄腸の片腕と評された村松恒一郎氏(名物市長山村豊次郎の兄~よき時代の宇和島を代表する兄弟)のお三方です。
 しかし、宇和島藩の歴史は全国的に知られているわけではありません。「歴史ブーム」といわれる昨今、日本史的にも稀にみるその先進性に瞠目せざるをえない伊達宗城公は、日本の歴史学会、一般ジャーナリズム、NHK歴史通俗紙芝居などでも、まことに低い評価しか受けていません。ハッキリいって、シカトされてきたのです。
 なぜか。答は単純。宇和島人そのものが宗城公の業績を正確に認識していない、つまり、対象を知らないのです。それでは他県の世間の人が知るよしもありません。そこで私は突破口を探して、一案を立てました。2010年の秋でした。
 その案は、東京の創泉堂出版という日本史専門書店主と相談して、宇和島伊達家史料を「叢書」シリーズとして、全国に紹介する企画でした。卯之町の愛媛県立歴史文化博物館学芸課長の藤田正先生に執筆や総轄をしてもらっての出帆でした。
 さいわい創泉堂と藤田先生のご努力で、「宇和島シリーズ」は順調なスタートが切れました。2015年には、第45回の明治維新史学会を宇和島で開催する運びにまでこぎつけました。
 ところが、晴天の霹靂。あろうことか、図らずもその学会の二ヶ月前に藤田課長が忽然として鬼籍に入られたのです。私は腹をくくらざるを得ませんでした。ライフ・シフトの歴史素人ながら、微力といえども、全身全霊を打ち込んで、明治維新史学会の遂行と、宇和島藩歴史シリーズを守り抜こうと決意しました。そして、シリーズのテーマを当面は「宗城日記」に絞り込むことにしました。

 実は、それまでに私は一つの作業仮説、以下に列挙する歴史「勘」(歴史「観」の前段階としての「勘」)に到達していたのです。
 ①宗城公の歴史的役割は、維新直後の日本の文明開化を文字どおり主導したことにある。
 ②長州ファイヴと薩藩ロンドン留学生に充分に仕事をさせるチャンスを与えた。
 ③その契機は1866年の英国公使パークス一行の宇和島来航時の会見にある。
 ④日本近代化のスケジュールは、同じ1866年にパークスが幕府にのませた江戸協約改税約         書に組み込まれている。
 ⑤伊達宗城が描きパークスが書いたスケジュールに従って、薩長の書生たち(~長州ファイヴと薩藩ロンドン留学生)が日本の近代化に重要な役割を果たすこととなる。
 大上段からの空想的意見に見える以上の5点は,私の勘による仮設でした。
 長州グループには、宗城公の養子9代宗徳公の正室が長州からきているだけでなく、宗城公がすせんじ鋳銭司村の貧乏村医の村田亮庵を明治軍務の大ボス大村益次郎に育て上げた経緯がある。薩摩とは、島津なりあきら斉彬以来の交流と、新しくは五代才助・中井弘などが宗城公を頼りにしていた現実があった。また、大隈重信という逸材を、宗城は義弟鍋島閑叟との関係で手に入れてもいました。また、複雑怪奇な長州情報を探るために、新撰組崩れを二人ほど雇い、各々に十両ずつ握らせてスパイとして長州に放ったりもしています 。
  宗城公はプライド高きたいしよくかん大織冠(藤原鎌足)いらいの超名門の血筋のお殿様です。出世や世間体に縛られる立場にありません。仕事をしても、すべて臣下がやったことになって、自分は手を下していない建前で生きてきました。ましてや決して自慢したりすることはありませんし、本心を人前にさらけ出す必要もありませんでした。
 維新の志士や後の有司などは、まず自己宣伝がさきに立ち、都合のよいことは自分の手柄であり、失敗には猫かぶり、まことに宋城の所業とは対照的なのですね。かれらは出世する必要にせまられていたから仕方ありませんでした。
 宗城公の日記はそもそも抑制的な記述が基本で、行間の意をくみ、眼光を紙背に徹させるエネルギーはなみ大抵ではありません。大量の関連史料の紙くずのシミ紙魚になるつもりでなければできない作業です。
 『宇和島伊達家叢書』は、宗城公日記を六冊刊行してまいりました。ただ今七冊目の翻刻にかかっています。それは「明治二己巳九月五日より 備忘手記 同三庚午」というタイトルで書かれた一冊です。
 この日記の中で、私は永年探し求めていた宗城公の本心が隠しおおせず剥き出しに出てしまった記述に遭遇したのです。宇和島地方史へシフトして二十何年目のお宝発見です。
 それは、明治二年七月二十三日付け日記にありました。
「  翻刻文                              解説文
○シーボルト留暇乞               ○アレクサンダーの帰国離日を留めた。
 ○パークス之心底不離様云々        ○パークスの本心から離れないこと。
 ○機密以書簡可申遣と約ス          ○秘密の書簡で意見を遣わすと約束した。
 ○皇国十年間位ニ不開化時ハ        ○日本は十年以内に文明開化
  可及危殆事                        しなければ危殆に瀕するだろう。
 ○今日之内地形勢にてハ暫在        ○まだ開化しきれない日本の為に、しばらく
  英都書生輩世話申度由              在日して倫敦留学グループを補佐したい、
                                   とアレクサンダー・シーボルトが約束した。

という日記記事です。
 著名なフィリップ・フォン・シーボルトの娘お稲さんは卯之町の医者の二宮敬作のところで修行したともいわれ、宗城公はじめ伊達家とは深い関係にありました。そのお稲さんの義弟がアレクサンダー・フォン・シーボルトでした。安政五年に父シーボルトにつれられて日本にやってきた少年は、そのまま日本に居ついて、宇和島藩士に取りたてられた大洲町人三瀬周三の教育を受けます。後に英大使館員となり、色々な事情で帰国しようとしていたのを宗城公が引き止めて、日本政府に採用するころの微細な日記記事なのです。
 王政復古維新による欧州型文明開化という難曲オーケストラの指揮をとったのが、薩長ではなく宇和島の伊達宗城公であり、英国政府との間に立ってそれを助けたのが、パークスとアレクサンダー・シーボルトだったのです。楽団員は薩長のロンドン留学開明派若手(後の大日本帝国の政治指導者たち)でした。
 宗城公やアレクサンダーが果たした役割は、ほとんど知られていない歴史の一コマです。唯一、村松恒一郎は明確にこのことに気がついていました。村松は明治・大正人でしたので、直接目にした方々から得た、伝聞の情報も多かったことでしょう。
 紙面の都合もあり、詳細は、次々回発行の『宇和島伊達家叢書第九巻』にゆずります。この年末か、来年早々には出る予定です。
 ちなみに、明治二年前半の疾風怒濤の日本、戊辰戦争の荒廃の中から西欧化日本を生み出す苦難の歴史の始まりを活写する伊達宗城日記第八巻は、近々創泉堂出版で刊行予定です。

 
 

世の中の大激動の根をもっと深く見よう

 投稿者:神津 陽  投稿日:2021年 2月16日(火)12時12分54秒
編集済
   2月4日の大久保互助会は来る者は来る・来れぬ者は来ない。10名で和気
あいあいでしたね。ほかに主な来客はいないしトシちゃんも昼はランチに踏
み切ったようです。3月4日木曜日も東京は非常事態宣言下ですので、互助
会例会は5時から8時までですよ。

 近頃は飲み機会が少ないか飲みパターンが変わったか、飲みすぎてか、会
場で倒れる者もいる。また来場者の周辺にコロナはいないが、白内障や肺炎
やガンや心臓など高齢病での手術や入院も多く、根拠のないうわさ好きもい
ようです、そこで宇和島在住の88歳の友人の元気な話を付記しましょう。

 世界的コロナ禍のおまけとして、国家主義と社会革命の断絶があちこちで
起きている。めくらましはトランプも中国の香港弾圧もミャンマーの反アウン
サン・スーチーも、ロシアの反プーチン派も、菅首相も元オリンピック委員長
の森喜朗もついでに清水丈夫も根は同一だ。新たな国家主義はどれもが民主主
義の仮面を付けて登場しているのが特徴だ。

 だが国家主義の本質は国家防衛→民衆弾圧であり、関係の革命は自己解放
→社会改造である点だ。60年安保の後に中大社研の福地茂樹らが民主主義は
ファシズムの温床になり得るとの総括を出したら、全国の共産党関係者から
反革命だと袋叩きにされたそうだ。宇野弘蔵だけが立論の開明性に気付いて
励まし、福地茂樹は全国社研委員長になった?と言う話を前に聞いた。

 全共闘運動では東大安田講堂攻防戦があまりにも有名だが、第二次大戦敗
北後の全学連の檜舞台は京大だった。松浦玲から大島渚へのラインは東京の
私らも聞いていて、「神津陽未刊行論考集」でも松浦玲「新選組」の功罪を
紹介している。その神津本を読んだ旧知の年長の宇和島の友人から、左翼は
そんなにきれいなものじゃないぞとの体験的感想が届いた。

 地元では名士?なので名をTK生とするが、彼は学制改革期の学区変更で宇
和島東と宇和島南の両高校卒業になっている88歳だ!彼は地元医者60余年から
歴史研究に転じた。宇和島人らしい頑固者で、全国で宇和島がトップの臓器移
植の推進者でもある。彼は普通の田舎インテリで京大医学部に進み、全国トッ
プと評判の学生寮に入る予定だったのに、入寮が一年遅らされたらしい。

 入寮希望者への面接で大学の先輩から、京大進学者として学生運動リーダー
の松浦玲をどう評価するかと聞かれた。彼がそんな人は知りません。誰ですか?
と返答すると、問題意識が低いとされたのか? 貧乏で住むところがないのに、
京大学生寮不合格とされたのだそうだ。先輩連中は天皇京大訪問やわだつみ像
移転への流れの主役の、松浦玲を知るのは市民の常識とでも考えたのだろう。

 こんな日本社会の底流の集団防衛運営の実態は、オリンピック委員会の女性が
多いと会議が長引く論で丸見えだ。この論は女性差別が軸ではなく、日本的集団
運営が主問題なのだ。現代日本の政府から各自治体、会社から労働組合、町内会
やPTAから子供会まで、上命下服のシャンシャン総会でない、民主主義的運営
がどこにある?まともな大学自治会の一つもないじゃないか?

 とすると戦後民主化運動現場での民主主義の殿堂の京大寮で起きた、寮生選抜で
の差別、いや差別する側が差別と思わない差別は、日本社会に貼りついてる宿業・
分かりやすく言えばアカのような付着物だろう。赤左翼のアカではしゃれにもな
らないが、全共闘んじょ特に叛旗が最も過敏だったのはこの分野だ。だがそれ故
に左翼民主主義による不当差別を忘れぬTK生もいるのだし、開明的と評された叛
旗周辺にも蓄積された葛藤が残っているとも考えられる。

 私も「神津陽刊行論考集」を遺著代わりと考えて、古い友人などへ折をみて
配本している。すぐ返信があり、過分な送金が届き、話が弾むケースが多いが、
逆のケースもある。入院や手術、視力が落ちて本を読む気力がない旨もあるが、
老化で疲れた、本を読む世界と縁が切れた。中には、古希過ぎて何を考えてい
るのか、何の迷惑も掛けないのに、あいつは気を付けろと触れ回るバカもいる。

 私としては6月4日の連合会館の出版記念会は諸般の事情で延期し、できれ
は9月に生きていれば最後に一度会おうとの名目の会をやりたいものだ。
★上の88歳TK筆の「人生百年のワクワクシフト」は次に掲載する予定です。
 

酒の注文は7時まで

 投稿者:桂 小かん  投稿日:2021年 2月 7日(日)20時55分47秒
  8時以降は不要不急の外出を控えるということは
8時にはきちんと家についていることを意味します。
しかし8時に家にいても感染すると気はするし、
感染したからといって、菅が責任を取る筈もなく、
病院の前で死んでいくのです。南無。
 

コロナ禍は広がり深まる。2月も3月も大久保互助会は5時から8時まで!

 投稿者:神津 陽  投稿日:2021年 1月31日(日)23時15分13秒
編集済
  ★YouTubeの<日仏共同テレビ局フランス10>で革共同清水丈夫の1月27日の
記者会見が出ているとの情報が届いた。見てみると85歳の清水丈夫が90分間
も、自分の革命運動参加の原点は10歳の時の1947年の2・1ゼネストへの高
揚と共産党の裏切りで、真の左翼を求めて全学連、ブント、更に安保後の戦
旗派、革共同への移行、中核派分離、本多書記長没後の革共同責任者として
の活動を貫徹した。現代のコロナ禍は未曽有の革命情勢を生み出しており、
革共同は公然と登場し労働者階級と共に戦うぞと、しゃべり続けている。

 三派全学連の世代には山崎博昭追悼の流れのように中核派の共鳴者は多く、
その背景から小野田襄二は登場した。小野田は三派全学連内での中核派によ
る解放派幹部リンチに動揺し中核派を離脱し大衆運動の高揚に期待したが、
清水的党派主義の根絶に進みはしなかった。当時も今も党派主義代表の清水
丈夫は、事情を知らぬ記者からの内ゲバ責任追及の質問には「最前線で闘い
続け満身創痍の中核派を、警察+革マル(KK)連合が襲撃したので、反撃し
た」のだと居直る。政治局の腐敗を追求した水谷らの労苦には同情する。

 人生一貫の信義は美化されやすいが、その真偽には内容の正当性と関与の
妥当性が必要だ。戦前の軍国主義者は皇居前で腹を切ったが、戦勝者側の論
理で断罪された。清水丈夫の言う戦後革命主義者には、マッカーサー占領体
制とどんな犠牲を払ってどう戦うのか、革命党は何をやるのかが問われた。
清水丈夫らに2・1ゼネストを強行した場合の混乱回避イメージはなく、革
命党は正しい理論により正しい方針を示す指導部だと正当化するだけだ。

 だが革命党至上化の清水らは正しい革命指導をするために結婚せず、働かず、
党員のカンパ金で生活してきた。だが革命運動は世界情勢をどう変えてきたか、
日本において社共の影響が減っても新左翼は何をなしえたか、内ゲバ蔓延が何
のプラスを生んだか、旧左翼も新左翼もエリを正して反省すべきだ。清水丈夫
の終始一貫70年の絶叫より、80年の山口百恵最終コンサートの歌謡とその後の
沈黙40年の持続の方が人々の心に染み入ると感じるのは私だけだろうか?

 今日のNHKでは歌手加藤登紀子がブント系全学連委員長だった藤本敏夫と
の結婚生活を語っていた。加藤のきれいな純愛物語のまとめ方に、三女が二人
の40歳代はケンカばかりで仲よい所は見なかったと暴露した。藤本が鴨川移住
し加藤らは都内に別居した時点で、藤本は離婚を考えていた。加藤は農業をや
る気はないと言えばよかったので、仮面夫婦持続に意味はなかった。革共同の
公然化は秘密主義よりはましだが、解放派を含めて長い間の権力主義・革命主
義への固執には現在時点では何の意義もないと考える。

 コロナ禍の拡大と菅首相の無責任事後対応は、確かに未曽有の自公政権不信
と不満を生んでいる。だが不足なのは、では自公後にどんな政権を作るのか、
どんな社会生活が可能なのかの政治・社会イメージと誰がそれを行うかのアピ
ールである。革命主義・権力主義は欺瞞だらけだし、消費税増税国債増加の経
済政策は金満日本を世界の中産国へ追い落とした。政治革命の終わりと社会革
命の始まりの起点を確認しての、構想力戦が急がれると考える。 以下次号

 

コロナ禍が招来している無政府的状況について

 投稿者:神津 陽  投稿日:2021年 1月11日(月)17時23分49秒
  ★2月4日互助会は大久保としちゃんで5時~8時開催です。質問も多いので、
コロナ非常事態宣言第二弾の周辺評価などへの私見を、以下に付言しておきます。

 コロナ禍は日本では日々最多記録を更新していますが、世界状況の進行からは
まだ一割程度の進行です。しかしコロナ禍が引き金となった国家主義解体への激
動は、我々の知る近現代史の推進軸を揺さぶる規模で拡大するでしょう。今生き
ている我々は、世界史的激動のただ中を歩んでいる自覚が必要でしょう。

 激動期に対処するに必要なのは、旧常識では対応できない事態が起きていると
の歴史理解です。激動期に過去的常識で憤慨しても、政府や野党を糾弾しても何
の意味もない。例えばこの間の米大統領選挙で敗れた共和党トランプは、選挙の
敗北を認めず、証拠も出さず不正選挙を主張し、最終確認をする上院への乱入を
扇動して墓穴を掘り、米国民主主義への信頼を失墜させた。これが実状です。

 かつての東側勢力の大国の中国は、百年前の基準で香港や台湾を自国領土と考
え、東南アジア各国への海上利権拡大を目指し、社会主義理念への信頼を地に落
とした。閉鎖的北朝鮮も国論統一が進まぬ韓国も同様で、EU統合からの離脱を
進める英国にも進歩はない。国家レベルでの新たな推進指標は不在なのです。

 長期安倍政権に代わる調整型の菅内閣も、支持率低減です。コロナ禍拡大を足
止めする好位置にいながら、オリンピックや経済成長に引っ張られ、責任を持ち
たくないから非常事態宣言の大権を都道府県任せにし、法的フォローも未整備だ。
特に第二次非常事態宣言は酷く、今や日本はアナキズム状況寸前です。首都圏の
非常事態宣言は1月8日~2月7日で、飲食店の夜8時以降開店は店名公開可、
だが閉店への補償は弱く、開店への罰則は未定だ。

 声を大にしようとGotoトラベルやイートの不手際を認めず、1都3県に押し切
られ・関西への判断も出きぬ非情事態宣言の政府である。医師会側の国会議員の
会食禁止提案も無視だから政府信頼は弱い。ならば閉店要請時間にも営業し、感
染防止し店名公表後も営業する店が続出しても不思議ではない。

 第二次非常事態宣言に2月4日の8時以降の責任をとしちゃんに課さぬため、
互助会は5時開催を決めた。8時で締めたらお手上げとの他の店の声も、補償
手続きが面倒で遅いとの不満の声も聴いた。入試期で学校は自粛除外だが、学
校でコロナが続出したり、相撲以外でスポーツ感染が増えたらどうする? 閉
店枠が拡大し、解雇者は続出への抜本対策は現政府にはない。

 国家が弱化しても仕事や生活における社会的共同関係は残り、お上の指導や
統制や補償がなくても必要なことは何でもやるのが庶民の知恵だ。政治より生
活が大事との観点をコロナ世に持ち込み、成人式でもクラブ活動でも企画する
のが庶民だろう? 庶民の欲求に知恵を貸せるのは全共闘世代しかいない!
 

コロナ禍で全共闘期死者も増えた

 投稿者:神津 陽  投稿日:2021年 1月10日(日)06時18分1秒
編集済
    昨年3月以降のコロナ禍はアジア的低減特性の枠を越えて拡大し、政府は首都圏
一都三県に二度目の緊急事態宣言を発令した。飲食業務の夜8時打ち切りの制約は
他業種にも伝播するが、感染者数は拡大の一途で手の打ちようがない惨状だ。

 こんな制約強化の先細り世相のなかで叛旗派の関西地方委の中心メンバーだった
元青学大の柳喜之君の死亡が確認され、2021年に入っては中核派学対指導部で遠く
まで行くんだの発行責任者だった小野田襄二が1月2日に風呂で死亡し、アゴラなど
で活躍した音楽活動の南正人が7日の公演中に倒れて帰らぬ人となった。

 誰もが70年代に活躍した同世代感が強いが、実は小野田は1937年生まれで生粋
の革共同育ちで随分と年上であった。小野田は自力で遠くまで行くんだ的発想を
得たのではなく、革命思想では黒田寛一にまた安保後の学生運動指導では清水丈
夫に圧倒的な影響を受けてきた。革共同育ちで三派全学連形成の中核派責任者で
三派指導部内で解放派との暴力的対立を招いたとして、中核派を辞めたのだ。

 全共闘運動の過程でも小野田ファンは多かったが、小野田の生涯の課題は左翼
的権力組織問題だった。だから黒田寛一を論難し得ても、内部の宿敵だった清水
丈夫を壊滅的に批判できず全共闘の社会革命的成果を理解できなかった。つまり
小野田派は全共闘運動期にも残存した三派全学連的気質を代弁したのである。

 小野田はSect6の登場意義はまったく分からず、全学連再建などの党派的行
動にのみ熱心で、叛旗は支持者が多いのに戦旗に勝つ執念がないのか的外れで
あった。Sect6や叛旗派がなぜ大衆運動に熱心だったのか、孤立しても三里塚
選挙に反対したのか、肝心の思想問題は小野田らは皆目分からなかったのだ。

 私が駿台論文科の法学系論文の地歩を固めた後で、小阪修平を人文系論文に誘
い、その後に小阪が旧知の小野田を医学系論文に誘ったのだ。まだ誰もが若い頃
だから、論文科講師内でも確執が多かった。確か箱根での講師合宿で事情知らず
の小野田と口論になり、私が小野田を風呂で潰して撃沈したこともある。

 「神津陽未刊行論考集」で本業の面で小野田襄二「革命的左翼という擬制」や
小阪修平「思想としての全共闘世代」等も批判したが、小阪も2007年に死んだ。
「われらの内なる差別」で中国文革派として登場し晩年は健康オタクだった津村
喬も、2020年6月に死んだ。京大パルチザンで登場し赤衛軍事件の首謀者にされ
た滝田修の10年間の逃亡と転向は不可解が多いが、津村喬・滝田修・神津陽を並
べて70年代左翼思想の可能性を述べた松田政男も2020年3月に死んでいる。

 晩年の小野田は胃癌手術で死期を感じていたのか、記念会などで二度も話しかけ
て来た。コロナ禍でお別れ会も難しそうだが、生き残る者には、まだ課題が残る。
政治革命の時代は終わったとする私は、ならば日本の社会かくめいへの航路を切ら
ねばならぬ。なぜ天津神に国津神は領土を求め国津神は屈服したのか、そこが天皇
制の秘密であり社会かくめいの起点でもある。その先の考察はお楽しみ袋である。

 

korona

 投稿者:神津 陽  投稿日:2021年 1月10日(日)06時16分35秒
    昨年3月以降のコロナ禍はアジア的提言特性の枠を越えて拡大し、政府は首都圏
一都三県に二度目の緊急事態宣言を発令した。飲食業務の夜8時打ち切りの制約は
他業種にも伝播するが、感染者数は拡大の一途で手の打ちようがない惨状だ。

 こんな制約強化の先細り世相のなかで叛旗派の関西地方委の中心メンバーだった
元青学大の柳喜之君の死亡が確認され、2021年に入っては中核派学対指導部で遠く
まで行くんだの発行責任者だった小野田襄二が1月2日に風呂で死亡し、アゴラなど
で活躍した音楽活動の南正人が7日の公演中に倒れて帰らぬ人となった。

 誰もが70年代に活躍した同世代感が強いが、実は小野田は1937年生まれで生粋
の革共同育ちで随分と年上であった。小野田は自力で遠くまで行くんだ的発想を
得たのではなく、革命思想では黒田寛一にまた安保後の学生運動指導では清水丈
夫に圧倒的な影響を受けてきた。革共同育ちで三派全学連形成の中核派責任者で
三派指導部内で解放派との暴力的対立を招いたとして、中核派を辞めたのだ。

 全共闘運動の過程でも小野田ファンは多かったが、小野田の生涯の課題は左翼
的権力組織問題だった。だから黒田寛一を論難し得ても、内部の宿敵だった清水
丈夫を壊滅的に批判できず全共闘の社会革命的成果を理解できなかった。つまり
小野田派は全共闘運動期にも残存した三派全学連的気質を代弁したのである。

 小野田はSect6の登場意義はまったく分からず、全学連再建などの党派的行
動にのみ熱心で、叛旗は支持者が多いのに戦旗に勝つ執念がないのか的外れで
あった。Sect6や叛旗派がなぜ大衆運動に熱心だったのか、孤立しても三里塚
選挙に反対したのか、肝心の思想問題は小野田らは皆目分からなかったのだ。

 私が駿台論文科の法学系論文の地歩を固めた後で、小阪修平を人文系論文に誘
い、その後に小阪が旧知の小野田を医学系論文に誘ったのだ。まだ誰もが若い頃
だから、論文科講師内でも確執が多かった。確か箱根での講師合宿で事情知らず
の小野田と口論になり、私が小野田を風呂で潰して撃沈したこともある。

 「神津陽未刊行論考集」で本業の面で小野田襄二「革命的左翼という擬制」や
小阪修平「思想としての全共闘世代」等も批判したが、小阪も2007年に死んだ。
「われらの内なる差別」で中国文革派として登場し晩年は健康オタクだった津村
喬も、2020年6月に死んだ。京大パルチザンで登場し赤衛軍事件の首謀者にされ
た滝田修の10年間の逃亡と転向は不可解が多いが、津村喬・滝田修・神津陽を並
べて70年代左翼思想の可能性を述べた松田政男も2020年3月に死んでいる。

 晩年の小野田は胃癌手術で死期を感じていたのか、記念会などで二度も話しかけ
て来た。コロナ禍でお別れ会も難しそうだが、生き残る者には、まだ課題が残る。
政治革命の時代は終わったとする私は、ならば日本の社会かくめいへの航路を切ら
ねばならぬ。なぜ天津神に国津神は領土を求め国津神は屈服したのか、そこが天皇
制の秘密であり社会かくめいの起点でもある。その先の考察はお楽しみ袋である。

 

ころな川柳

 投稿者:岡田寿彦  投稿日:2021年 1月 6日(水)16時22分28秒
  「ころな川柳」という新しい言葉あそびを思いついた。

ルールは、五七五のどこかに「ころな」を入れる、ただそれだけ。たとえば、

むかしなら とうにくたばる ころなのに

としよりは ひっこんでよい ころなのに

あやまりに きがついてよい ころなのに

あたらしい かぜがふきだす ころなのに


 

2021年になりました!

 投稿者:神津 陽  投稿日:2021年 1月 3日(日)15時27分23秒
編集済
   2021年になりました。緊急事態前日の1月7日の大久保としちゃん互助会は実施します!

 年末に一年回顧を書いたが、書き終わる前に年が明けた。1日しか休みのない連中の誘いで三多摩に動き、にぎやかに過ごした。

 気がかりなのは。1日の夜の新宿液での乗り換え通路に、行き場のない男が5人も寝込んでいたことだ。コロナ禍での対応策はこの5人には、何の恩恵も与えてはいないのだ。

 年明けがおめでたいなどと言うことはない。生きている人間が、少しは良い年にしようと自己鼓舞しているに過ぎない。だが自己鼓舞する精神は保守主義で健全とは思えない。

 「神津陽未刊行論考集」を出してあとに、私の心にもあれこれ変化が起きた。世間の動きへの対応も少し変わった。健康第一、身体が一番との賀状などが多いが、私はそうは思わない。押さえるべきは大局的な歴史観だ。

 政治革命の終了と社会革命の浮上。関係のかくめいへの筋道の模索と工夫こそが、今後の世界的課題だ。どこにも手本のない大道の外姿も内実もまず体験的イメージの中から顕われる。

 そのイメージの概略もまとめたが、新パソコンの調子が悪くどこかに消えた。さしあたり柳田国男と吉本隆明の接点から、日本革命の抱える特異性を再度押さえてみたい。

 年末年始に多くの物資的支援が届き、飲食物には困らぬ新年だ。問い合わせも多いが、
どんな問題を誰が何のために聞きたいのかが主軸で、携帯電話の場合は特に重要だ。

 こちとらはすでに後期高齢者であり、交友圏も徐々に高齢化してくる。権力におもね
らず世情にこびず、本年もよろしくお願いいたします。

 

大久保「としちゃん」より座視する2,020年の風景

 投稿者:神沢原たつ  投稿日:2020年12月31日(木)11時00分15秒
  *トランプの絵のように集まって
        我ら画面に窓を楽しむ

  ・・・・・・とコロナ禍を軽やかに謳い。


*君の死を知らせるメール
        それを見る前の自分が思い出せない

  ・・・・・・と今度は自分の周辺を歎き。


*地球にやさしい地球にやさしいと言うじゃない?
        やさしくないのは人間だけ

  ・・・・・・と社会を嘆く高齢者のグループ。

        かように2020年は通り過ぎて往く・・・・・・
        そして・・・畳座敷よりヨイショと腰を上げて
                 ・・・・・・さて、来年は!!

  残念でした*印は俵万智の「未来のサイズ」(2020年9月初版)の歌集の一部でした。
  是非、一読を!
 

レンタル掲示板
/89