teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 元日野市市民アンチ 新撰組介護福祉士(1)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


その後の動き少々

 投稿者:神津陽  投稿日:2018年10月17日(水)23時50分32秒
  ★既報の通り10月14日にテレビ愛媛の「シニア応援」番組で、神津陽「流行歌の精神史」が
紹介されました。私は観ていないのですが、15分番組が3分割されていたそうです。その背景
があるからか広告を外し私の発言内容を活かした別版を編集中とのことです。10月25日頃には
YouTube に出る予定で、本ブログにそのURLを掲載するのでご覧ください。

★12月1日忘年歌祭りを示したら、古い先輩筋から新左翼は赤旗祭りに反対したのでは?と
のイヤミめいた発言が出ました。確かに三派全学連系は67年の10.8羽田闘争の当日に多摩湖
で赤旗祭りをする共産党系を徹底批判しました。だがそれから50年経て世界も世間も新左翼
も様変わりした今、実力闘争に比肩し得るどんな闘いがあるのか? その位のことは十分に
考えて、忘年歌祭りは企画されています。イヤミも評価も、企画案を見てからにして下さい。
 
 

忘年会は12月1日です。誤解なきように!

 投稿者:神津陽  投稿日:2018年10月12日(金)13時01分54秒
編集済
  ★叛旗互助会主催・事務局運営・会場としちゃん全席貸切・安い会費の無礼講は例年通りです。
だが今年は第一次ブント結成60年・全共闘隆盛50年で誰もが年老い、にも関わらず夢よもう一度
の彷徨も残る。そこで神津陽が故郷の日常から上京後の大学生活や激動史、更に割の合わぬ互助
会形成から貧民生活持続までを、見聞した流行歌に託してまとめた終活本?「流行歌の精神史」
刊行を他山の石に活用する「忘年歌祭り」案が浮上した訳です。詳細主旨は案内文で示します。

★この報が流れるや歌好きは多いらしく、カラオケはあるのか、誰がどんな順で歌うのか、場所
は足りるか、歌うより話したい者はどうする?などの質問が出てきました。我々は叛旗50年の間
に学生寮コンパや歌声喫茶など様々な企画も経験もしています。心配は御無用で、歌う者は唄い
呑む者は交友を深めるウルトラCの進行案を検討中です。楽しく呑めて歌えればよいですね!
 

2018 年忘年歌祭りは、12月1日に決定!

 投稿者:神津陽  投稿日:2018年10月10日(水)12時25分33秒
  ★今回は飲み放題・食べ放題に、神津陽「流行歌の精神史。出版記念会」を兼ね歌い放題も加味します。参加希望の皆様は、ともかく例年通りに12月第一土曜日を空けておいて下さい。
 適当な会場を探していますが、カラオケでなく歌声喫茶や学生寮コンパの形での放歌高吟型を
許容する施設は殆どない。まして高齢者が多く飲み物中心で、しかも長時間希望ですからね。付き合いが長く無理の言える大久保「としちゃん」での、二部構成も考えています。
 詳細は予定確定後に報告します。お楽しみに!
 

合縁奇縁とその彼方へ

 投稿者:神津陽  投稿日:2018年10月 7日(日)12時02分53秒
編集済
  ★報告の通り9月末にまた松山・宇和島に行ってきた。テレビ愛媛の神津「流行歌の精神史」本の
紹介は、類似本がないことから始まり盛り上がって終わった。後はYouTubeを見て頂くしかない。

 川カニ入りの芋煮や今治鯛の尾頭付きや地元葡萄、地酒や産直ワインなどを満喫し、新規メン
バーとの合縁奇縁もあった。シェアハウス賛同者も出ているし、あほボケの類の相手もいた。

 だが問題は帰路の荒れ方である。前回が自己都合の飛行機への搭乗遅れや、台風での飛行中止
だったので、今回の帰路は十分に準備し飛行機は予定通り1時間余で成田に着いた。だがそこから
正味2時間も掛からぬ船堀の自宅まで倍近く掛かったのだ。JR人身事故から京王、都営新宿線と
事故が連続し、京成線も落雷で代替便もない。とんだ三隣亡かと、瞬時は運変えを願った。

★10月4日の大久保互助会は、古参メンバーが主力で和気あいあいと進んだ。神津陽「流行歌の精
神史」が20歳の孫から90歳台の親戚のおばちゃんにまで好印象で、テレビ愛媛での紹介もあること
が話題となった。そこで今年の忘年会を叛旗互助会の中間総括とする案が出され、互助会事務局に
一任された。恒例の12月最初の土曜日の1日夕方に東京神田の予定であり、徐々に報告する。

 今年は仲間内から福井紳一「戦中史」、吉田勉ほか「東日本の部落史」岡部隆志の歌垣本など出
ており、それらを組み込む案も出ている。流行歌本の巻末の「歌い出し2千曲集」も好評で、どう
せやるならおしゃべり会より歌祭りで世直しとの案が強い。高円寺の眉山亭ママは土曜日の仕事を
休んでもこの「出版記念会・歌祭り」に出席して歌いまくると宣言している。

 またビートルズじゃないが、歌に傾向性はあるが歌でケンカはできない。叛旗互助会は40年も
維持されているが、筋は通しつつ過去の反目を率先して自主解消するとの案が、事務局長から出
された。様々なブント動向と合わせて、相応の案なのでその方向に進む見込みだ。

★「流行歌の精神史」は新宿模索舎・宇和島松平楽器店・神津宅にも置いてある。だが本の話題
の王道は書店買いなので、著者・書名・創風社出版・2000円を明示して、近くの書店に注文して
欲しい。何かとアマゾン利用の方は、アマゾン注文が入手が楽との意見もある。
 宇和島に毎夏1カ月も戻っていた神津は、この本を地元の人世への遺書のつもりで書いている。
 

四国の小情勢

 投稿者:神津陽  投稿日:2018年 9月28日(金)12時59分47秒
  ★10月14日(日)8Cテレビえひめ朝6時15分~30分、「愛媛のシニア応援TV」神津陽生出演!
 神津陽「流行歌の精神史~あの頃こんな唄が流行っていた!」紹介。司会マッスン

★急な呼び出しで四国の松山に来て、テレビの録画取りしました。週末は宇和島に行きます。
 14日直後に録画内容DVDは、YouTubeにも掲載予定です。

★10月4日の大久保互助会は、神津も出席予定です。「流行歌の精神史」(創風社出版282頁、
000定価2000円:税込2160円)は神津事務所も販売窓口です。kouzua@gmail.comに連絡下さい

 

『流行歌の精神史』ご案内

 投稿者:創風社出版  投稿日:2018年 9月10日(月)01時51分12秒
  遅くなりましたが、『流行歌の精神史』(神津 陽著)のご案内です。

『流行歌の精神史』ご案内チラシ
http://www.soufusha.jp/chi-ryuukouka.pdf

神津陽「裸の略歴書」
http://www.soufusha.jp/chi-ryuukouka_ryakureki.pdf

これから、ぼつぼつ書店にも並ぶと思いますが、もし、無かった場合、良かったら予約注文を入れて頂いたらその後の書店営業が助かります。

尚、こちらでも直接購入できます。(送料無料でお送りします)

創風社出版:http://www.soufusha.jp

以上、よろしくお願いします。
 

入院見舞いのマナーについての伝言

 投稿者:神津陽  投稿日:2018年 9月 9日(日)12時08分5秒
編集済
  ★横浜のFs君と話しました。「静脈瘤で入院中だが必要な友人には連絡しているし、
自分のブログにも頻繁に書き込みをしている。交友圏が広いので、互助会関係者で
特に見舞いなど希望される方は後藤君を窓口として本人都合を問い合わせて欲しい」
との伝言です。相手事情へまず配慮し、退院後の再会を期待しましょう!
 

今夏の災禍と不退転の活路

 投稿者:神津陽  投稿日:2018年 9月 2日(日)21時43分2秒
編集済
   今夏の恒例の一カ月トリップは、往路はバスに電車便の遅れが加わりチェックインに
間に合わず、復路は準備万端整いながら台風接近で急に飛行中止となり酷い憂き目に
会った。何度も格安切符の飛行トラブルには遭遇したが、往復ともパーは初めてだ。
今回初めて話した高校後輩は私は雨男ならぬ搭乗不可能男だと笑うが、冗談じゃない。
再搭乗手続きは昔取った杵柄で何とか進んだが、妙にちぐはぐさが残った。

 手元で読んでいたのは吉本隆明の「老いの幸福論」で、壊疽に苦しみローラースル
ーでの家内移動を見た目には、学問知識の解体と老いの知恵組み込みが手に取るよう
に分かる。まるで冗舌を嫌った父親と話しているような了解が可能なのだ。大豪雨の
地元に戻って得た、戦後だと諦めつつ別の復興が必要だとの構えとも通底している。

 そんな無手勝流の心の動きに沿って「流行歌の精神史~あの頃こんな唄が流行って
いた!」の主意を母親の三回忌鎮魂に宇和島の再起祈念を加えることとし、<歌を通
しての自己史>部分の内容を補強した。私の今までと違う相互理解への説明や低姿勢
が通じたのか、類書がないゆえか、随分と地元では前評判がよいようだ。

 やりとりの末にテレビや新聞での広告・宣伝企画が私の関知せぬところで進んで、
結局は9月末に再び松山・宇和島に少し戻ることになった。私は好き勝手な自由旅行
は得意なのだが、目的行動とりわけ広告・宣伝活動は苦手である。だが今回は乗り
掛かった船と心得て、企画案に乗ることにした。また搭乗不能はないだろう?

★「蒼氓の叛旗」から始まった私の書き物の書物化ももう五十年近い。宇和島の惨状
見聞も影響してか、今回の本作りはこれがラストかも知れぬと考えることもあった。
「流行歌の精神史」は松山の創風社出版から刊行の282頁・2000円(税込み2160円)
だが、歌い出し2000曲集を含め、我ながら充実した内容だと自賛できる。本の現物
は9月6日の大久保互助会に持参する。また本の目次内容を含めたチラシと、この本
を読むための少し詳しい著者略歴は、出版社から近々に掲載予定である。
 

ようやく東京に戻りましたよ!

 投稿者:神津陽  投稿日:2018年 8月26日(日)14時51分1秒
  そのうち徐々に書き込みますよ。  

台風江帰りの飛行便は飛行中止です!

 投稿者:神津陽  投稿日:2018年 8月23日(木)20時45分2秒
  ★「流行歌の精神史」は9月6日の大久保互助会に持参します。
282頁定価¥税込み2160円ですが、2000円に値引きします。
 

レンタル掲示板
/70