teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 元日野市市民アンチ 新撰組介護福祉士(1)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コロナ禍で全共闘期死者も増えた

 投稿者:神津 陽  投稿日:2021年 1月10日(日)06時18分1秒
  通報 編集済
    昨年3月以降のコロナ禍はアジア的低減特性の枠を越えて拡大し、政府は首都圏
一都三県に二度目の緊急事態宣言を発令した。飲食業務の夜8時打ち切りの制約は
他業種にも伝播するが、感染者数は拡大の一途で手の打ちようがない惨状だ。

 こんな制約強化の先細り世相のなかで叛旗派の関西地方委の中心メンバーだった
元青学大の柳喜之君の死亡が確認され、2021年に入っては中核派学対指導部で遠く
まで行くんだの発行責任者だった小野田襄二が1月2日に風呂で死亡し、アゴラなど
で活躍した音楽活動の南正人が7日の公演中に倒れて帰らぬ人となった。

 誰もが70年代に活躍した同世代感が強いが、実は小野田は1937年生まれで生粋
の革共同育ちで随分と年上であった。小野田は自力で遠くまで行くんだ的発想を
得たのではなく、革命思想では黒田寛一にまた安保後の学生運動指導では清水丈
夫に圧倒的な影響を受けてきた。革共同育ちで三派全学連形成の中核派責任者で
三派指導部内で解放派との暴力的対立を招いたとして、中核派を辞めたのだ。

 全共闘運動の過程でも小野田ファンは多かったが、小野田の生涯の課題は左翼
的権力組織問題だった。だから黒田寛一を論難し得ても、内部の宿敵だった清水
丈夫を壊滅的に批判できず全共闘の社会革命的成果を理解できなかった。つまり
小野田派は全共闘運動期にも残存した三派全学連的気質を代弁したのである。

 小野田はSect6の登場意義はまったく分からず、全学連再建などの党派的行
動にのみ熱心で、叛旗は支持者が多いのに戦旗に勝つ執念がないのか的外れで
あった。Sect6や叛旗派がなぜ大衆運動に熱心だったのか、孤立しても三里塚
選挙に反対したのか、肝心の思想問題は小野田らは皆目分からなかったのだ。

 私が駿台論文科の法学系論文の地歩を固めた後で、小阪修平を人文系論文に誘
い、その後に小阪が旧知の小野田を医学系論文に誘ったのだ。まだ誰もが若い頃
だから、論文科講師内でも確執が多かった。確か箱根での講師合宿で事情知らず
の小野田と口論になり、私が小野田を風呂で潰して撃沈したこともある。

 「神津陽未刊行論考集」で本業の面で小野田襄二「革命的左翼という擬制」や
小阪修平「思想としての全共闘世代」等も批判したが、小阪も2007年に死んだ。
「われらの内なる差別」で中国文革派として登場し晩年は健康オタクだった津村
喬も、2020年6月に死んだ。京大パルチザンで登場し赤衛軍事件の首謀者にされ
た滝田修の10年間の逃亡と転向は不可解が多いが、津村喬・滝田修・神津陽を並
べて70年代左翼思想の可能性を述べた松田政男も2020年3月に死んでいる。

 晩年の小野田は胃癌手術で死期を感じていたのか、記念会などで二度も話しかけ
て来た。コロナ禍でお別れ会も難しそうだが、生き残る者には、まだ課題が残る。
政治革命の時代は終わったとする私は、ならば日本の社会かくめいへの航路を切ら
ねばならぬ。なぜ天津神に国津神は領土を求め国津神は屈服したのか、そこが天皇
制の秘密であり社会かくめいの起点でもある。その先の考察はお楽しみ袋である。

 
 
》記事一覧表示

新着順:6/881 《前のページ | 次のページ》
/881